第5話 落ちてもくじけるな!入れる翻訳会社は必ずある!!

夜翻訳学校に通い始めて1ヶ月、昼間の就職活動は依然苦戦続きだった。
そんなある日、高校時代の友人と久しぶりに会うことになった。
彼女はアイルランドの大学院に留学を希望していて、情報収集のためにブリティッシュ・カウンシルに行きたいということだったので、一緒に行くことにした。
ブリティッシュ・カウンシルはイギリスやアイルランドの留学の情報収集ができるだけでなく、英語の本の図書館もあるので、図書館で過ごすのもいいなと思ったからだ。

ブリティッシュ・カウンシルの近くに神楽坂があり、そこにめちゃくちゃおいしいコーヒーを出してくれる喫茶店がある。
帰りに彼女と私はそこでコーヒーの香りに陶酔しながら、お互いの近況を報告しあった。
すると、彼女は私が海外で日本語教師をしている間、翻訳会社でバイリンガル校正のアルバイトをしていたと語った。翻訳者が翻訳した訳文と原文を見比べて、タイプミスや訳ヌケがないかチェックする仕事だ。
「実際の翻訳が読めるから、翻訳者志望なら絶対いい経験になるよ!募集していなくても売り込んでみなよ!私が担当者に連絡してみるから。」

ひょんなことがきっかけで、すごいチャンスができた。
彼女は校正部門の管理職に連絡を入れてくれて、試験と面接を受けられることになった。
ところが、試験は英語で、TOEIC900点レベルの英語力が望まれていた。
そして、校正者には英語以外の実力は求めていないという説明を受けた。
私にとって英語は第二外国語。本当はスペイン語で勝負したかった。
というわけで、せっかくのチャンスはモノにすることはできなかった。

不合格の通知を受け取ってからしばらくしたある日、とらばーゆに同じ会社の募集広告をみつけた。
募集しているのは管理職アシスタント。
その広告を見た瞬間いろいろな想いが私の中をかけめぐった。
「あ、落ちた会社だ。でも翻訳会社に入りたいな。入社できればまた新たなチャンスがあるはず。
職種が違えば仕事も違うはずだから、求められる能力も違うはず。
秘書検定も受けたし、貿易会社で秘書のアルバイトした経験をアピールして応募してみようかな・・・。
でもストーカーと思われるかな・・・。でも採用担当者が違うかな・・・。・・・・・。
とにかく恥も外聞もかきすててやるしかない!」
私は送り状に二度目のチャレンジである旨を書き、どうしても翻訳の仕事の現場で働きたいという情熱をアピールした。

応募書類を提出してしばらくたち、なかばあきらめていた頃、書類審査を通過した知らせが来た。
やった!このチャンスは逃しちゃいけない!
とにかく「やる気」を一番にアピールしよう!
自分が星一徹のような目になっているのがわかった。

案の定、職種が違うので、試験も面接の担当者もまったく違っていた。
前回はまじめで気弱な感じの中年男性が面接官だったが、今回は美女が3人。
シャープな感じの女性、ゴージャスな女性、清楚でかわいい感じの女性。
あまりの迫力に実はかなりおじけづいた。

それでも幸運にも、試験、一次面接、二次面接も通過し、最後は社長面接にたどりついた。

私を紹介してくれた友人を社長は覚えていらした。
「東山さんのお友達なんだって?彼女は最年少だったけど、とてもよくやってくれたよ。
実は管理職アシスタントは一名しか枠がないんだよ。もう他の人に決まっちゃったんだ。
でも、どうしてもうちに来たいということなら、翻訳の営業とペアを組んで、翻訳者を手配したり、翻訳の工程を管理したり、お客様の対応をしてもらう仕事をやってみないかい?
管理職の秘書より翻訳の現場に近いし、君にはそっちの方が興味あるんじゃないかな?」
「ありがとうございます!ぜひやらせてください!!」
「試験の出来を見ると、君はあまりIQが高くないようだから、他の人の何倍もがんばってもらわないとね。」
「はい!!努力します!!」

かくして、私は補欠合格のような感じで狙った会社に入社することができ、憧れの翻訳業界に入ることができた。

-----------------------------------


外国語系のお仕事はキャリア重視のところがほとんどで、しかも募集の枠は数名、そこに数百名の応募が殺到する場合が多いようです。
でも、あきらめたら負け。
選考に落ちたとしても、それはあなたの価値が低いわけではありません。
ご縁がなかっただけ・・と気持ちをすぐに切替えて、アクションあるのみ!!
あなたの場所は必ずどこかにあるから!

ちなみにこの頃はインターネットという便利なツールはありませんでした。
就職活動に使っていたツールは、
アルクの翻訳事典イカロス出版の通訳・翻訳ジャーナル、とらばーゆ、ビーイング、朝日新聞の日曜版と月曜版の求人広告でした。

また、外資系専門の人材紹介の会社にも登録していました。
人材紹介の会社には、求人誌には出ないような案件がたくさんあります。
登録は無料ですし、コーディネータにいろいろとアドバイスもしてもらえるので、いくつか登録しておくと便利です。
毎日キャリアバンクの女性向けバンクならバックボーンもしっかりしていて案件も豊富です↓





posted by Emico at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職の実際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。